資産形成コラム

資産形成に関するお役立ちコラムを掲載しています。

プライベートバンクとは

資産運用を考える方の中には、プライベートバンクに興味を持っている方もいるでしょう。この記事では、「プライベートバンクとは何か、一般的な銀行とはどのような違いがあるのか」といったことや、特性、メリット・デメリット、利回りや手数料についても解説しています。

プライベートバンクとは

タックスヘイブン対策税制とは

資産に対する課税負担を少しでも軽減させようと考えている方の中には、タックスヘイブンへ資産を移動もしくは子会社などを設立させるといった方法を検討している方もいるのではないでしょうか。低税率や税金自体を免除されている国や地域で、課税負担回避のために会社を設立する場合、かえって負担がかかってしまう場合もあります。

この記事では、課税負担軽減のためにタックスヘイブンへ資産を移動しようと検討している方へ向けて、タックスヘイブン対策税制による課税負担や注意点について解説しています。

タックスヘイブン対策税制とは

海外送金において課税負担が発生するケースとは

資産運用などさまざまな理由から海外送金を考えている方の中には、送金に対して課税負担がかかるか気になっている方も多いのではないでしょうか。通常、海外送金の際に課税負担はかかりません。ただし、特定のケースに該当した場合は、課税負担が発生します。

この記事では、海外から国内・国内から海外へ送金する際に課税負担が発生するケースや注意点のほか、海外銀行口座の開設時に気を付けるポイントをわかりやすく解説していきます。

海外送金において課税負担が
発生するケース

資産を守りながら増やすを叶える
海外銀行口座開設を詳しく見る

海外銀行口座の口座凍結とは?解消方法について

資産運用などで海外銀行の利用を検討している方もしくは既に口座開設した方の中には、口座凍結についてよく知らない方もいるのではないでしょうか。

口座凍結とは、送金や入出金操作といったあらゆる取引が制限された状態のことです。また、1度凍結されてしまうと、凍結解除手続きを進めなくては口座内の預金を引き出せません。

さらに国内銀行より凍結までの期間は短い傾向なので、定期的な利用を心がける必要もあります。

この記事では、海外銀行口座の口座凍結によって想定されるリスクや解除するためのポイント、口座凍結を防ぐ方法についてわかりやすく解説していきます。

海外銀行口座の口座凍結とは?

タックスヘイブンとは?その仕組みや問題点などを解説

「タックスヘイブン」とは、法人税や所得税、相続税といった租税がゼロもしくは限りなくゼロに近い「租税回避地」「低価税地域」を指しています。

タックスヘイブンでは、日本などの税金が高い国でかかる法人税や源泉徴収税、相続税、贈与税といった租税がほとんどかかりません。脱税が違法であることはもちろんですが、タックスヘイブンについては、さまざまな注意点はあるものの各国の法律の範囲内で正当に行われている場合には違法ではありません。

この記事では、タックスヘイブンが節税になる仕組みや、タックスヘイブンのメリット・デメリットについてわかりやすく解説していきます。

タックスヘイブンとは

海外銀行口座でマイナンバーは必要?対策について

マイナンバー制度の経過措置終了およびOECDによる共通報告基準(CRS:Common Reporting Standard)といった取り決めによって、銀行口座開設に関するルールも変わり始めています。

特に国内に住んでいる方が海外銀行を開設したり自身の海外銀行口座から国内の保有口座へ送金したりする際は、事前にマイナンバーの届出を行わないと思わぬトラブルに見舞われる可能性もあります。

この記事では、国内在住もしくは海外在住時に海外銀行口座を開設する際、マイナンバーが必要なのかといった点を中心にわかりやすく解説していきます。

海外銀行口座でマイナンバーは必要?対策について

海外銀行口座の解約に関する注意点や流れを解説

海外銀行口座の解約を検討している場合は、事前に注意点を把握した上で準備を進める必要があります。

この記事では、海外銀行口座の解約手続きや注意点、デメリットについて解説します。海外銀行口座の解約を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

海外銀行口座の解約に関する注意点や流れを解説

死亡した際の海外口座はどうなる?扱いや注意点について解説

海外口座を開設する際に準備しておきたいことの1つが、死亡による口座の取り扱いに関する内容です。特に相続に関する注意点が多く、事前に確認しておくべき点もあります。

この記事では、死亡による海外口座の取り扱いや相続に関する注意点を解説します。海外銀行口座を活用した資産運用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

死亡した際の海外口座はどうなる?扱いや注意点について解説

海外銀行口座を放置するとどうなる?リスクや対処法について紹介

海外銀行口座を放置していると口座凍結につながる可能性があり、注意しなければいけません。

この記事では、海外銀行口座の放置によって発生するリスクや対処法、万が一凍結された場合の解消方法について解説します。海外銀行口座の利用を予定している方は、ぜひ参考にしてみてください。

海外銀行口座を放置するとどうなる?リスクや対処法について紹介

海外投資に向く人と向かない人の特徴や投資に関する注意点

海外投資とは、国内の証券会社を通じてFXや外国株式といった取引を始めるパターンと、海外銀行の口座を開設し外貨を用いて現地の金融商品へ投資を行うパターンのことです。

特に後者の場合は、投資に関する知識だけでなく語学力や行動力なども持ち合わせていないと海外投資に向く人といえません。海外銀行から送付される資料などは外国語で記載されていますし、投資先の言語を習得していなければ現地での会話や情報収集も難しいためです。さらに、数1,000万円単位の資金を所有している方が、投資以外の費用(渡航費、口座維持手数料、為替手数料など)をカバーしやすいといえます。

この記事では、海外投資に向く人、向かない人の特徴や金融商品の特性についてわかりやすく解説します。

海外投資に向く人と向かない人の違いについて紹介

資産1000万円あったら何に投資するのがおすすめ?

投資先には様々な種類があり、また投資スタンスも人により様々。そのため一概に「おすすめの投資先」を語ることはできませんが、1000万円程度の余裕資産があれば、ある程度のリスクを許容して積極的にリターンを求めても良いのではないでしょうか。投資先を特定の商品に偏らせず、かつ売買のタイミングを分散させれば効果的な運用成果が期待できるでしょう。

ここでは、1000万円の資産を築いた方に向け、おすすめの投資先をご紹介しています。

資産1000万円あったら何に投資するのがおすすめかについて紹介

2000万円の運用資産を持つ人におすすめの投資先とは?

ここでは、2000万円の資産運用について、投資スタンスごとの適切な投資先を解説しています。ローリスク・ローリターン型では国債や社債などが、ミドルリスク・ミドルリターン型では投資信託や株式、REITなどが主な投資先です。ハイリスク・ハイリターン型には商品先物やFX、仮想通貨などが挙げられます。また、投資におけるリスク管理の重要性についても解説しています。

2000万円の資産の投資先について見てみる

運用資産3000万円を持つ方におすすめの投資先とは?

この記事では、3000万円の資産運用に関するアドバイスについて解説しています。投資スタンスに基づいた運用方法が重要で、投資先はリスクとリターンのバランスに応じて異なり、一括投資のリスクや分散投資の重要性、余裕資金の範囲内での投資を推奨しています。3000万円前後の資産を持っている方は、是非チェックしてみてください。

3000万円の資産の投資先について見てみる

4000万円の運用資産はどこに投資するのがおすすめ?

この記事では、4000万円の資産運用に関して詳細に解説しています。投資先の選択は投資家のスタンスに依存しますが、国債や公債、投資信託、株式、REITなど実に様々な投資先があります。また、投資におけるリスク分散の重要性と、生活資金や緊急資金を投資に回さないことの重要性についても説明しています。

4000万円の資産の投資先について見てみる

税金滞納者の海外口座資産を差し押さえできるのか?

国税滞納による税務署・国税局の差し押さえ権限は、法令により国内に限定されるものと規定されています。しかしながら、この原則に従うと、もし国税滞納者が自己資産を海外口座などに移動させた場合、本人に財産があるにも関わらず差し押さえができず、債権者保護に支障をきたします。

この不具合を解消するため、2013年10月、国境をまたいで相手国の租税を徴収したり差し押さえたりできる「徴収共助」という枠組みが発効。ここでは、徴収共助の制度内容や事例などを中心に解説しています。

海外口座資産の差し押さえについて紹介

自己破産するときの海外口座資産の取り扱いについて

日本の法律のもとで裁判所に自己破産を申し立てる場合には、日本国内にある自己資産はもちろんのこと、海外口座などにある自己資産の額も明確に裁判所へ伝えなければなりません。

もし海外に資産を持っていること隠して自己破産を申し立てた場合、詐欺破産罪に問われ懲役刑・罰金刑を科される可能性があります。日本に住む外国籍の人が日本で自己破産を申し立てる際にも、取り扱いは同様です。

ここでは、自己破産する際の海外資産の取り扱いなどについて詳しく解説しています。

自己破産するときの海外口座資産の取り扱いについて紹介

手間のかからない投資先は?

この記事では、忙しい人向けに簡単な投資法を紹介しています。つみたてNISA、ロボアドバイザー、海外口座預金など、初期設定後は最小限の管理で運用可能です。投資は長期的に行い、日々の生活資金を投資に回すべきではありません。手間をかけずに投資する方法が気になる方は是非覗いてみてください。

手間のかからない投資先をチェックする

このサイトについて
sponsored
by
合同会社PPS

「海外銀行口座開設」のプロフェッショナル

合同会社PPS吉岩勇紀代表
合同会社PPS
吉岩勇紀代表

2007年創業、これまで2,500人以上の海外銀行の口座開設をサポート。独自の人脈と豊富な知識で海外銀行とのコネクションを築く。現在はプライベートバンク(モナコ)・アクレダ銀行(カンボジア)・JDB銀行(ラオス)をはじめ、計8銀行の口座開設をサポートしている。

※2023年4月20日調査時点